豊田市コストコ

豊田市コストコの可能性を、ぼんやりと空想してみる。
グーグルマップを立ち上げて、方角と距離を調べると他のコストコはこんな感じ。

 

 

南西 コストコ常滑 50分 50km
西 コストコ羽島 60分 60km
南東 コストコ浜松 80分 90km
西 コストコ守山 30分 30km

 


取り巻く環境っていうか、土地と人口はどうだろう。

 

 

人口が減る地形
人口が急減する地形
西 名古屋市で人口多し
東海道沿いに人口あり

 

 

コストコはすでに西と南の要所を抑えている
東には山と森が広がっていくからビジネスマーケットではない。
北には東美濃が名古屋市圏のベッドタウンとして広がりはある。

 

 

豊田市コストコ

 

 

・・・・。

 

踏み込んできたのはコストコ名古屋守山だろう。
名古屋市からもっと郊外にコストコをオープンさせるのではなく、名古屋市内ギリギリに。
もちろん、名古屋市民のニーズに合う出店を叶えるという意味では上々。

 

だがしかし、豊田市コストコが欲しいワガママからすると、30分30kmの距離はあまりに近い。
それだともう諦めてよ、と言われているも同然と思えてしまう豊田市コストコ


西三河の100万人商圏に、豊田市コストコが登場して欲しかった。
もっと北なのかな、豊田市ではなくて、位置的には北がバランスが良いのかな。


瀬戸市の猿投山一帯を越えると、土岐市になって、中央道も通っている。
土岐アウトレットが既にあり、イオンモール土岐の出店も決まっているから、コストコ土岐の行方は定かではないけれど。

 

そう考えると、豊田市コストコの前に、どこまでいっても場所は行き詰まっている気もする。
商業施設は飽和状態の東海地方、それでも豊田市コストコが実現するか、見極めはできないな。

 




張飛の妻

数字で見る「張飛の妻」問題のこと。

 

西暦 200 平均寿命 約25歳 13歳は人生の52%
西暦2000 平均寿命 約80歳 13歳は人生の16%

 

なんということだ・・・。
30歳過ぎの張飛が、当時13-14歳だった夏侯氏をさらって妻にしたというロリコン伝説。
現代の感覚からすれば年の差ヘンタイ男だが、婚姻ということであれば、夏侯氏は通常だ。

 

むしろ、平均寿命25歳のところ30歳まで育った張飛は、現代の感覚では60歳ぐらいか。
日本で平均寿命が30歳になるのは安土桃山時代(1550年頃)だ。
30歳にして初老、もちろん肉体は動くのだろうが、若くはない。

 

初老の実力者が、若い盛りの女を妻にする。
割と、普通のことだな。

 

「若目のおじさんが、幼い女の子をモノにする」というおぞましい張飛ロリコン説は、時代背景を踏まえていない。

「初老のおじさんが、若い女を嫁にする」という割合世界のどこにでもある説こそ、冷静な事実だった。

 

 

 

 

 

 

政略結婚とはいえ、約45歳の劉備は、約15歳の孫尚香と夫婦になっている。
呂布が董卓の元で名を上げ、架空の美女(きっと10代後半のイメージ)・貂蝉とラブに落ちたという設定を考えれば、

張飛ロリコン説は打ち消されても良いでしょう。

 

豪腕・乱暴者・不細工・パワハラのイメージが強い張飛だから、
そこにロリコンというちょっと意外な、あるいは意外でもない要素が加わり、
面白おかしく現代に言いふらされている、というレベルだね。

 




岡崎市コストコ

岡崎市本宿に、三井アウトレットと岡崎市コストコ2つも目玉商業施設が並ぶなんてあり得ないと思い込んでいた。

ところが埼玉県入間市には全く同じパターン、三井アウトレット入間とコストコ入間が隣接してあるじゃない。


2008年オープン当初のそれはもう激しい交通渋滞は仕方ないよね、特に週末は。
それから10年が経った今でも、週末の昼過ぎともなれば駐車場入り待ちの渋滞は避けられない。

 

新東名高速道路ができるまでは、岡崎市の東名高速は渋滞の名所だった。
交通の主流が新東名高速道路に移ってからは、岡崎の東名高速渋滞はほぼなし。


むしろ、浜名湖SAの人混みの急落に見られるように、今度はどう東名高速沿いを盛り上げるかが重要に

 

 

岡崎市コストコ

 

 

本宿は東名高速道路沿いではあるけど、インターチェンジから近くはない。
もちろん起死回生の方法なんていくらでもあって、本宿パーキングエリアとETC専用出入り口をつくれば問題は解決。

 

三河地方でコストコがあるのは浜松市だけ。
東三河はいいけど、岡崎城のある西三河はどうにもカバーしにくい。


コストコ単独での集客には限度があるだろうから、他の大型商業施設に隣接する案がある。

大阪の和泉、埼玉の三郷で実現した「ららぽーと&コストコ」のコンビネーション。


愛知県では2020年にオープンするだろうららぽーと東郷でやれるかな?
いいや、東郷こそ交通の便と土地の広さに問題があるから、叶わない。

 

岡崎市コストコなら、アウトレットと共存できる土地はなんとかなる。
そして、これから交通量が更に盛り下がって、補完的な高速道路であり、

いかに人の流れと経済効果を招くか不明な旧東名高速には、大きな手段のひとつ

 

旧東海道と、旧東名道路が併走する本宿に、岡崎市コストコは華を添えてくれるかな。
採算がとれるか計算が必要だが、可能性がまったくゼロではない計画とお見受けした。

 




東郷ららぽーと

想定外だった。
ららぽーとブランドを名古屋付近で最初にもってきて、高い話題性を確保するつもり。
ただのショッピングモールにとどまることなく、未来は体験型エンターテイメントがお客様を呼び込むと考えて、

キッザニア名古屋をモール内にオープンさせる見込み。


元々、東郷ららぽーと付近に高速道路のインターチェンジもSA/PAもなくて地の利に弱い。
アウトレットモールも、イオンやユニーのショッピングモールは近隣に星の数ほどあって、

ライバルひしめき合う厳しい競合の愛知県。


そんな状況下で、ららぽーと名古屋みなとアクルスに先手と旨味を取られてしまった。
どうやって優位性を確保すればいいの?東郷ららぽーとに目玉商品はあるの?

 

個性創成クリエーターを名乗るあの人に、わたしは思いをぶつけてみた。
するとあの人はペラペラとしゃべってくれるじゃない、独特の発想力で。

 

 

東郷ららぽーと

 


「なるほどね、それは発展しそうな方面が八方塞がりだ。無理して同じ方向性で張り合うと火傷するな」
ケンはあごをさすりながら、うーむと考えるそぶりを見せた。


「まるで異なる手法しかないだろう。地元貢献のモデルになればいい。

そもそも東郷ららぽーとは東郷町内に遊び・仕事・経済を与えるために招かれた助っ人だったね?」
一通り私が話した東郷ららぽーと誘致の基本情報を踏まえて、ケンはこんなアイディアを書き出した。


・東郷町民の、東郷町民による、東郷町民のための東郷ららぽーと


・東郷町役場に隣接していることを逆手にとって、ららぽーと内に役場窓口をつくり、土日に稼働させる

 (本邦初の土日稼働窓口@ショッピングモール内というインパクト!)


・役所手続きの待ち時間は、フードコートで美味しいもの召し上がれ


・平日しかやっていない不便さを徹底解消するために、特定の銀行と提携して、

 土日も銀行窓口業務を東郷ららぽーと内でできるようにする


・町営図書館も土日にオープンさせる


・平日会社を休んでいかないといけない役所・銀行手続きができる東郷ららぽーとは、

 日本中から視察が訪れるぐらいの画期的なモデルに!


・その分、思い切って火・水曜日は東郷ららぽーと全体を非営業日に


えー、そんな振り切り方って実現可能なのかしら、他のららぽーととの横並びもあるだろうし。
それは、東郷ららぽーとはオープンにあたって地元の反対がないが少ないっていうか、

むしろ地元民の将来を踏まえて、地元からボトムアップで計画されたショッピングモールなのだろうけど。


「地元貢献が、全国に強烈アピールできる唯一のもの」
そう言い切る個性創成クリエーター。

週7日稼働にしないなら、最近流行の働き方改革には逆行もしないか。


なるほどね、東郷ららぽーとの建物内に役所・銀行機能を呼び込み、

曜日をずらすことで土日をショッピング含めてお客様を呼び込むピーク時に設定してしまう。

 

そんな荒技ができるのなら、それは地方でビジネスモデルに迷っている同業態の方々からアイディアのパクリを求められ、

東郷ららぽーとの名を世に知らしめる強力な手段になると思ったよ。